教育効果の高いビジネスマナー講習とは

電話応対の方法や名刺交換のルールを教えることが、新入社員向けの研修を行う場合の第一歩です。

確かに基本的なビジネスマナーを先輩社員が教えることも可能ですが、専門の会社の講習を活用したほうが効率的です。体系化したカリキュラムがあるコンサルティング会社の講習を活用することが、短期間で必要最小限のビジネスマナーを習得する最善の方法です。1日で完結するビジネスマナー講習もあるので、新入社員に限らず誰でも気軽に利用することができます。

一方で中高年の社員はパソコンを使いこなすことも苦手であり、時代の流れに伴って変化するビジネスマナーについて行けないという問題を抱えています。しかし文書作成やメールのやり取りに関するコースを受講すると、中高年社員の能力も更に企業内で活用できるようになります。50歳前後の社員を対象に教育を行うときには、事前にコンサルティング会社に相談するのが望ましいです。

入社5年前後の中堅社員を対象に、再教育を実施したいと考える企業経営者も増えています。中堅社員は将来的に管理職になる人材であり、ハイレベルなマナーを身に着けることが大きな課題です。電話応対の基本に加えて高度なクレーム対応の教育も受けるのが、30歳前後の社員に最適なカリキュラムです。また企業の事業形態の変化に伴い、中堅社員が新しい部署に配属されることも多いです。したがって新しいセクションで働く場合には、新卒社員同様に基礎から学ぶ必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *