社会人としての基礎を学ぶビジネスマナー講習

会社でこれまで階段を登ってきた方にとっては、ビジネスマナー講習をわざわざ会社が設定しなければならないという状況が理解できないという方も少なくありません。

少し前の世代であれば、社会の常識は誰に教わるでもなく、上司や先輩を見て覚え、カバン持ちをすることでビジネスの常識を学んできたという自負があるものです。しかし、時代は変わり、今の時代見て覚えるということは既に一般的ではなくなりつつあります。新卒の学生に上司や先輩を見て覚えろと言ったところで、明確な指標がなければ戸惑うだけということもあるでしょう。

ビジネスマナーは社会に出てから必要となる最低限のマナーです。相手に失礼がないようにすることはもちろん、相手に不快な思いをさせればその商談そのものが破談になってしまうこともあります。新卒だからといって、取引先には関係がありません。新入社員にはビジネスマナー講習を受けさせることで、避けることが出来るトラブルは避けるべきでしょう。ビジネスマナー講習にも、様々な種類があります。

言葉遣い、メールの文面や身だしなみ、電話応対時の適切なマナーなど、会社によって重要にすべきポイントは変わってきます。新入社員の配属先や、これから受け持つ業務内容に合わせて適したビジネスマナー講習を受講させる方が時間の短縮になりますし、費用面でも圧縮することが出来ます。社会人としてのマナーを学ぶことで、新入社員の自信にも繋がりますので、社員に適した講習を受講させましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *