新人研修におけるビジネスマナー教育

ビジネスマナーとは、さまざまな相手と気持ちよくかつ円滑に仕事を進めるためのマナーです。

社会に出たばかりの新人には、ビジネスマナー教育が欠かせません。これを習得することで、相手への思いやりが身に付き、いろいろな人との信頼関係を築くことができるようになるでしょう。さまざまなビジネスマナーがありますが、最低限のマナーを教育研修などで最優先で覚えてもらうと職場ですぐに役立ちます。それは言葉遣い、身だしなみ、名刺交換、電話応対の4つです。言葉遣いは最も基本のマナーで、これにはあいさつや報告の仕方などが挙げられ、あらゆる仕事の基礎になります。

上司や取引先の方と会話をする場合は敬語で、丁寧語である「です」、「ます」を徹底させます。また状況によって尊敬語と謙譲語を使い分けられるようにすることが大切です。身だしなみについては、ポイントをおさえた個所を常に確認することが大事です。それは髪、スーツ、靴の箇所です。髪型はすっきりしたもので相手に違和感を与えないものが望ましいでしょう。スーツはしわをとり、シャツの襟を正しくしておくことが基本です。また意外に靴を見られることも多いものです。

常に汚れを確認してきれいにしておくとよいでしょう。名刺交換の方法は必ずマスターしておくべきです。手順を明確に覚えておけば間違えることはありません。電話応対での基本は早く電話を取ることです。基本の応対を学び、はっきりした声で話すようにしましょう。またメモを取りながら話し、受話器を置くときは相手が置いてからというのが基本になります。このようなビジネスマナーは一朝一夕ではなかなか身に付きません。教育研修を繰り返して、本人が毎日努力して身に付けていくことがポイントです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *