新人にも必要なビジネスマナーの教育

大学や専門学校を卒業して会社員になると、多くの会社では新人教育というものが行われます。

新人教育では、これから仕事をしていく上で必要な基礎を学ぶことになります。もちろん、大学や専門学校で色々なことを学んでいると考える人も少なくないでしょう。確かに学校で専門的な知識を身につけている人もいますが、会社では知識だけでなく即戦力が求められます。学生とは全然立場が変わり、実際に社会で働いていかなくてはいけないからです。新人教育では業種によって様々な内容を学びますが、共通してビジネスマナーを行うところが少なくありません。

学生時代マナーが良い礼儀が正しいと言われた人でも、ビジネスマナーが出来ないということはよくあります。それだけ、社会人になって働くということは責任を持つということです。ビジネスマナーを身につけていないと、社会人としての挨拶もできません。例えば、頭をさげる際の角度や手の位置など細かいところに注意しなくてはいけません。連絡用に手紙やメールを出す時も、書き方にマナーが存在します。

友達に送る感覚で連絡してしまうと、取引先を激怒させてしまうこともあるので注意が必要です。マナーが悪いと、自分一人だけでなく会社全体のイメージも悪くなります。取引先の相手や顧客にとっては、新人であろうと企業を代表して自分に対応している人です。つまり、新人であってもきちんとしたビジネスマナーが重要になってきます。必ず、社会人になったらビジネスマナーを勉強しておくことをお勧めします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *