ビジネスマナー教育の重要性と必要な場面

ビジネスマンであれば誰しもがビジネスマナーを身につけ、普段の仕事に役立てているのが普通です。

しかし、ビジネスマナーの基本をしっかりと身体で覚えるまでには相当の年月を必要とします。小さな子供が、両親の愛情を注がれながら「会話」をマスターしていくように、ビジネスマナー習得のためには、相応の教育者と教育期間が求められるということです。通常の企業であれば、外部から専門講師を招きいれ、マナー習得のために数日間かけて研修を実践することが多いようです。専門講師招聘のためにはコストもかかりますが、お客様とのビジネスを円滑に進めるためには避けて通れない道だと考えられます。

「学問に王道なし」と言われますが、ビジネスマナー習得にも王道はなく、地道にコツコツとマスターしていくことが一番の近道だと考えられます。苦労して体得したマナーが力を発揮する場面、それはお客様との商談などの際です。実力ある教育者から学んだマナーは必ずや自身の血となり肉となって、表れてくるものです。

名刺の出し方・プレゼンテーションの進め方・コストカットのための交渉など、基本に沿った立ち振る舞いは絶対に他社との比較において優位に立ちます。他社と比較されて優位に立った場合、それが新たな仕事となって企業の売上を伸ばし、企業の成長・発展に貢献するはずです。たかがビジネスマナーと思っているならば、それは大きな間違いです。洗練され卓越したビジネススタイルから繰り出されるマナーは、ライバル会社を圧倒し自社に多大な利益をもたらしてくれることでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *