外国人従業員向けのビジネスマナー研修の概要

コンビニエンスストアなどでは人手不足が深刻化しており、アルバイトとして外国人留学生を活用するケースも増えています。

またグローバルに事業展開する企業は、正社員として数多くの外国人を採用しています。しかし採用するにあたっては、言葉の壁や文化の違いなど様々なハードルを乗り越える必要があります。そのような場合に役立つのは、基礎からじっくりと学べるビジネスマナー研修です。特に採用当初にビジネスマナー研修を実施する場合には、文化や価値観の違いについて学べるコースを選ぶのがポイントです。

また実績が豊富な人材研修会社と相談して、ビジネスマナーの指導内容をカスタマイズする方法もあります。従業員一人一人に合ったカリキュラムを選ぶと、短期間でも職場で働く場合に必要なマナーを効率的に身に着けられます。また外国人が企業で働く場合には、まず最初に必要最低限の日本語のスキルを身に着けることが重要です。語学のスキルを高めてから研修を受けることが、企業で働くときに必要なマナーを習得するための前提条件です。

そのうえで分かりやすい日本語を使った教育を受けると、名刺交換や取引先訪問時のマナーも短期間でマスターできるようになります。そして年齢や階層別に最適なプログラムを選ぶのが、外国人のビジネスマナー研修の教育効果を最大限に高めるための基本です。更に海外からの人材を採用する予定の企業の管理職も教育を受けると、外国人社員との相互理解も深められます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *