外国人を雇用するならビジネスマナーの研修を!

企業のオフィスや店頭問わず、現在ではひと昔前に比べたくさんの外国人労働者の姿が見られるようになりました。

中には日本人社員にすっかり馴染んで大きな戦力として信頼されている人もいれば、なかなか社内の空気に溶け込めず孤立している人がいるというのも事実です。同じような雇用形態を採用しているというのにその大きな違いはどこにあるかというと、ひとつには雇用された外国人が就業前にきちんとビジネスマナーの研修を受けているかどうかということでしょう。当然のことながら日本人と外国人では、言葉も違えば文化も違う訳です。

ですから、日本で働く限り日本のビジネスマナーというものをきちんと教えなければ、外国人労働者は戸惑うばかりなのではないでしょうか。例えば自国のル-ルで働いていたばかりに、納期に間に合わなくてみんなが必死に残業していても定時に帰宅したために、協調性がないなどと誤解されてしまうことだってあり得ることです。

しかし、きちんと事前に社内研修を受けたり、その会社のしきたりを学んでいれば、気持ち良く協力してくれるということだって大いに期待出来たかもしれません。余計な軋轢だって十分に避けられたはずです。外国人労働者と協力しながら仕事を進めるためには、このように日本のビジネスマナーを知ってもらうということは必要不可欠なことです。しっかりとした研修こそが、大切な戦力として末永く働いてもらうことに繋がるのではないでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *