外国人社員のビジネスマナー研修の必要性

グロ-バル化社会を裏付けるかのように、最近の日本企業は外国人の採用を積極的に行うようになってきました。

しかし、言葉も文化も違う外国人がいきなり日本の社会に溶け込むというのはやはり難しい部分もあるのが事実で、社内でトラブルが起こるということも決してめずらしいことではありません。そんなトラブルを回避するひとつの方法に、外国人社員を対象としたビジネスマナーの研修を行うということが挙げられます。

社内で問題が起こる原因というのは、双方の文化の違いやメンタリティの違いである場合が少なくはないからです。ですから、外国人社員に事前に日本のビジネスマナーの研修を行うことによって、日本のしきたりや日本人の考え方等を知ってもらうことが期待出来ます。外国人を雇用することは、ある意味では大変なことだと捉えられるかもしれません。しかし、その一方で優秀な海外の人材を確保し、海外進出の足掛かりに出来るなどの多くのメリットがあることも事実です。ビジネスマナー研修を修了したことで、本人も自信が持てるのではないでしょうか。

文化や言葉の違いのために、持っている能力が十分に発揮出来なかったということも考えられます。自信を持って日本社会で働くことの経験が、将来大きな花を咲かせることに繋がるのではないでしょうか。そして、やがて日本で培った技術を持って母国に帰り、日本企業と現地の企業の架け橋になってくれる日がくるかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *