外国人のビジネスマナー研修の重要性

社会人なら誰もが知っていることですが、ビジネスは決してひとりで成り立つものではなく、必ず相手がいるものです。

ですからビジネスマナーは双方が気持ちよく仕事を進めて行く上で大変重要なものです。ビジネスマナーがきちんと出来ていないと、クレ-ム等が発生し、大きなトラブルに発展する可能性もあります。ここ数年のうちに日本で働く外国人の数が格段に増えましたが、日本の社会に外国人が溶け込んで仕事をするためには、ビジネスマナーの研修が重要な役割を果たすのではないでしょうか。

当然のことながら、日本人を外国人では話す言葉も違えば文化もまったく異なるものです。母国では当然だったことが日本の社会では通用しないということは、いくらでもあるということを採用担当者は頭に入れておきたいものです。例えば欧米ではその合理性から、質問に対する回答は、答えが出そろってから一遍に行いたいと思うかもしれません。しかし、日本の顧客はその都度に回答が欲しく、なかなか連絡がないために対応が悪いと感じることがあります。

これはメンタリティの違いの一例にすぎませんが、こういったちょっとしたすれ違いが蓄積すると、業務がスム-ズに回らなくなるというリスクさえ発生するのではないでしょうか。そういったことを避けるために、外国人のビジネスマナー研修は現場に出る前に終わらせておくことをおすすめします。研修を行うことで日本のしきたり等を理解してもらえ、それをすぐに実戦の場で活かすことが出来るはずです。そしてそれは、彼らにとっても、日本で仕事をして行く上で大きな自信に繋がるはずです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *