外国人を採用する時はビジネスマナー研修を実施すべき

求人を出せば人材を採用できる可能性はありますが、応募がなければ人手不足が続くことになります。

同じような形で募集を続けても応募者がない状況が続く場合があるので、視野を広げて考えることが大事です。たとえば、外国人を採用する方針にすることは効果的です。労働意欲の高い人材を見つけることができれば積極的に仕事を覚えてもらえるので、頼れるようになるでしょう。ただ、採用した外国人をきちんと育てたいと考えるのであれば、ビジネスマナー研修を実施すべきです。

実務を通して学んでもらうことも方法の1つではあるものの、事前にビジネスマナー研修を通して基本的なマナーだったり、常識だったりなどを学んでもらった方が落ち着いて仕事に取り組んでもらえるメリットがあります。また、ビジネスマナー研修の中でコミュニケーションの取り方を習得してもらえば、現場の従業員と意思疎通ができるようになります。外国人を採用する時は、一緒に働く従業員もビジネスマナー研修に参加してもらうべきです。

外国人との適切な接し方だったり、上手なコミュニケーションの取り方だったりなどを身に付けることによって、仕事をスムーズにこなせるようになります。管理者に関しては仕事指示することや指導するケースが多くなることから、簡単な外国語を覚えましょう。十分とは言えませんが、単語だけでもある程度の内容は伝えられるので、無理に文法を覚えるよりは単語の意味や発音の仕方に時間をかけることが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *