外国人の採用に当たっての注意

外国人を採用する企業が非常に増えています。

国策で積極的に外国人を雇用しようという動きもあり、さらに従来から行われている外国人研修生制度も存在しているため、様々な場面で子供されるケースが増えているのです。しかし、採用に当たっては日本人とは異なる様々な点に注意するとともに、日本人との格差がないように配慮することも求められます。第一に注意しなければならないのは、日本人との文化の違いです。

多くの場合には本国の宗教的な意味合いが非常に強いことも多いため、その信仰を妨げるようなことを行なった場合、国際的なトラブルになってしまうことが少なくありません。日本人は宗教に対する意識が低い場合が多く、また業務より優先するといった事は殆ど無いためにその感覚が理解できないことが多いのですが、外国人の中には宗教の影響を大きく受けており仕事中でも決まった時間にお祈りをしなければならないなどの規則が存在することも多いため、この点に配慮することが必要です。

また、日本語が分からなかったり、その文化が理解できないなどといったことでトラブルになってしまうことも多いため、これに関しても丁寧に教育することが必要です。日本人の場合には阿吽の呼吸のようなものがあり、その感覚を子供のころから知っていることが多いのですが、これはなかなか理解できないものとなっているので、その点に関しても周囲の理解が必要になるのです。外国人を採用する場合には日本人とは違う様々な習慣があります。これを採用する側は良く理解し、これを妨げないように勤務時間を調整するなどの対策をする事が大切になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *