外国人採用にはこんなメリットが!

ここ数年のうちに、日本国内の外国人人口は右肩上がりに増加しています。

それは観光客という一時的な滞在者だけでなく、日本に長期滞在して日本の会社で働いているという状況においても同じです。採用するにあたって重要なことは、まずは何をおいても雇用者が査証を始めとして、滞在許可証や労働許可書等に不備がないかどうかということではないでしょうか。この部分を疎かにしていると、最悪の場合雇用した企業がペナルティ-を受けることになりかねません。

次に採用担当者にとって問題となるのが、雇用を決めた外国人が果たして日本人ばかりの職場に馴染めるかということでしょう。当然のことながら、文化も違えば話す言葉も異なります。就職するにあたってある程度の日本語は理解出来るということが大前提となりますが、最初から全員が日本語を流暢に話す訳ではありません。そんな状況において、外国人労働者が孤立しないように心配りをするというのも、採用担当者の仕事のひとつです。外国人労働者を雇用するメリットはたくさんあります。

今までマンネリ化していた社内も新しい風を入れることによって活性化され、言葉の壁があるからこそ、コミュニケ-ションを取ろうとする努力が生まれるはずです。社内のコミュニケ-ションが良くなれば、仕事は今まで以上に回ることでしょう。そういった意味では、外国人労働者の雇用は社内を改善する上での大きなカギとなるのではないでしょうか。採用の際には技術や日本語能力だけではなく、社内改善の切っ掛けとなるような人間性にも注目しておきたいところです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *