外国人にビジネスマナー研修を

人手不足の時、頼りになるのが外国人の労働者です。

ですが外国人だと言葉の壁があることが多いので、難しい知識や経験などは必要なく、簡単にできる作業でないと任せられないという現実もあります。ですが長く働いていくつまりで日本に来た外国人であれば、もっと多くのことを学び、色々な仕事をしていきたいとも思うものです。

ですから企業側で、長く働いていく人を対象としたビジネスマナーや研修などを行うようにすると良いです。ビジネスマナーや研修は費用がかかるものですから、できるだけ経費を抑えていきたい会社や、業績が思わしくない会社であれば行いたくないということもあるでしょうが、ビジネスマナーや研修をすることによって外国人労働者の働ける範囲が広くもなるので、メリットとなる部分も大きいでしょう。これから先も日本人の雇用が減っていきそうであれば、そうしたことも頭に入れていくのが良いです。

しかしながらビジネスマナーや研修を行っても、現場で十分に活かせるようになるには長い期間が必要にもなります。ですからすぐに結果を求めないようにもすることが大事です。最初は何もできなくても、徐々にできるようになることで労働者側の自信にもつながっていくでしょう。こうしたことを行うことで仲間同士の団結力も高まっていくので、企業側はビジネスマナーや研修を設けていくのが好ましいでしょう。働く側にとっても役立ちますし、企業の印象も良くなると思われます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *