外国人向けのビジネスマナー研修の必要性

グローバル化が進む近年では、一般の会社でも外国人を雇用することが珍しくなくなってきています。

日本で生まれ育って日本の文化をよく知っている人もいれば、留学や出向、出稼ぎなどの理由で一時的に国内に滞在している人もいるため、それによって対応もそれぞれ異なってきます。特に海外で生まれ育った人たちにとって難しいのが日本独自のビジネスマナーで、本人としては誠意を持って接客応対などに当たっているつもりでも、知らず知らずのうちに相手に不快感を与えてしまったり、トラブルの原因となったりしてしまったりすることもあります。このようなことを避けるために、研修などを通してしっかりとビジネスマナーを身に付けてもらうことが重要です。

外国人にビジネスマナーを身に付けてもらおうと思った際には、日本人と同じような形の研修では、なかなかその目的を理解してもらえないことも多くあります。日本の文化で育った人にとっては当たり前のことでも、別の文化圏の人にとってはいまいち意味がわからないと言うことが多くあります。

当然わかっている部分の土台が違う中で、同じような形のビジネスマナー研修会を行っても、期待するような効果が得られない場合も多いのです。このため、外国人には外国人向けのビジネスマナー研修を行う必要性は高いと言うことができます。日本人向けとは違った独自の方法論があるため、それを専門に行っている会社などに委託するのが賢明だと言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *