外国人労働者に必須なビジネスマナー研修

日本国内における外国人労働者の数が、年々増えています。

このこと自体は、急速に進む高齢化社会や少子化問題を抱える日本にあって、若い労働力を確保するという意味では非常に有効な方法だと言えるのではないでしょうか。しかも、外国からの新しい風を入れることで、企業は活性化しマンネリ気味だった社内の雰囲気も良い方に変わるということが期待出来ます。

しかし、外国人を採用するに当たっては問題点もあるというのが事実です。言葉の違いはもちろん、文化やメンタリティーが異なるため、日本のビジネスマナーが外国人には奇異に映るということもあるかもしれません。例えば深々とお辞儀をする風習は、初めて見る人にとっては不思議な動作となる訳です。このことからもわかるように、外国人労働者を雇用するのであれば、事前にビジネスマナー研修を行うことが重要なことなのではないでしょうか。

彼らが日頃から疑問に思っている点を、このビジネスマナー研修で質問し理解することで業務中に疑問に思うこともなくなるはずです。疑問がなくなれば自信を持って対応することが出来るようになり、それはまた次の自信に繋がります。日本で働くからには、日本のビジネスマナーに慣れなければならないことは、仕事を行う上での大前提となりますが、理解した上で行うことと、ただの真似では後々大きな違いが出てくるはずです。そういった意味でもビジネスマナー研修は必須であると言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *