外国人を採用することのメリット

少し前までは、外国人が働く職場と言えば過酷な工場などが一般的でした。

しかし近年は高級ホテルや老舗旅館さらにはコンビニエンスストアーや病院や介護施設でも、いろんな国から来た外国人を採用しているところがとても増えてきました。では、どうして採用するのでしょうか?どんなメリットがあるのでしょうか?いろんな理由がありますが、その一つは外国人はとても勤勉でよく働くからです。特にフィリピンやインドなどから来た人は、貧しさの中で培った忍耐力や勤勉さをもっていますので、少々仕事がきつくても愚痴を言うことなく一生懸命やりとげるのです。

なかには、自分の国に仕送りをしている人もいます。ですから勤勉でなおかつ責任感をもって、与えられた仕事を果たすのです。採用することの別のメリットは、外国人は柔軟性があるということです。日本人はマニュアルに忠実という長所がありますが、しかしマニュアル通りにしか動けないところがあります。

しかし、外国の人はマニュアルに忠実でありつつも臨機応変で柔軟な対応が出来るのです。そういう特質は日本人にも良い感化を与え職場が和やかで明るい雰囲気になります。では、外国人を採用する際にはどんなことに気をつければいいでしょうか?それは、ビザをきちんと取得していることと、パスポートの期限が残っているかを確認することです。パスポートやビザを見る際には本人かどうか、偽造ではないかも確認することが重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *