外国人を採用するポイント

外国人は企業にとって有益な人材になる可能性は高いです。

しかし、上手く採用しないと会社に馴染めずに辞めてしまうかもしれません。採用のポイントになるのは会社に馴染めるかという点です。文化や言葉の違いで孤立してしまうことも少なくないです。積極的にコミュニケーションを取れる人であれば馴染みやすいでしょう。日本語の上手さよりもコミュニケーション能力が高い人の方が会社に馴染みやすいです。企業文化を受け入れてレクリエーションなどに参加する外国人であれば、仲間として同僚は受け入れやすいからです。言葉は意思の疎通が取れる程度できれば仕事に大きく影響はしないでしょう。他に外国人を採用するポイントは個性を持っていることです。強烈な個性がチームワークを乱すこともあります。

しかし、個性があると新しい発見や見方などができます。外国人を採用して気づかなかったことを会社が見つけられることもあるのです。それが売り上げに大きく貢献する発見になるかもしれません。日本人ではなく外国人を取るのであれば、会社に足りないものを補ってくれる人材を求めることが大事です。新しい人に参加してもらうことで売上が伸びる可能性はあります。そのような人材を見つけられるかがポイントです。個性的な人は化学反応を起こすこともあるのです。その人が入って部署などにやる気が出て、前年度とは違う業績になるかもしれません。化学反応は個性的な人が引き起こすことが多いので、そのような人を上手く採用しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *