外国人を採用するときに注意したいこと

日本の企業で外国人を採用するときに注意することがあります。

それは労働するためのビザに関することです。例えば日本に暮らす外国人の中には、就労ビザを持たずに来ている人もいます。その場合は、就職をしてから手続きをする必要がありますね。外国人が日本で生活をしていくため、また日本で労働するためには、ビザが必要になるのです。これは身分の証明にもなりますし、不法滞在につながることがあるので、注意が必要です。働きたい、働くためにビザを出してという人もいますが、中には、何が何でもビザが欲しいので採用して欲しいという人もいます。

そのため、採用する際には、今ビザを持っているのか?どのくらい働いてくれるのか?そしてどのくらいの期間が必要なのかということをしっかり話合い、手続きをする必要があるでしょう。ビザというのは、本人にとっても重要ですが、雇う側の企業にとっても重要なものとなります。それはビザを発行する手続きをするには、時間も費用も掛かるからなんです。面接をして採用して、それからの手続きになります。

必要な書類をそろえるまでにも時間がかかるでしょう。過去にビザの手続きをしたことのある企業ならいいのですが、全く初めての場合は、専門家に聞きながら手続きをする必要もあります。外国人を採用する場合には、必ずビザという問題が絡んできます。これなしでは継続して雇うことが出来なくなります。そのためまず企業側もビザについての知識を正しく持つことが重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *