外国人を採用する際に気をつけたいこと

近年では様々な業種で外国人を雇用する会社が増えてきており、一流の企業で活躍する人もいれば、工事現場や工場などの現場系の仕事をしている人もいますし、コンビニやレストランなどで接客業をしている人もいるなど、日常生活や仕事の上で外国人と関わる機会も増えてきています。

真面目で能力の高い人も多くいますし、現場系の仕事などではその身体能力を遺憾なく発揮する人もいるなど、様々な面で活躍をしている反面、種々のトラブルを引き起こすことも多く、採用を躊躇する企業が多いのも実情です。外国人を採用する際に気をつけたいポイントとして挙げられるのが、単に学歴や能力、日本語の理解度などだけを見るのではなく、それぞれの国や地域で育ってきて醸成された人間性や仕事に対する取り組み方などしっかりと理解すると言うことです。いくら能力が高くても日本で働く上で必要なマナーや考え方がなければ、トラブルの原因になってしまうこともあります。

逆に言えば、採用した後でもそうした部分を身に付けることができれば、様々な面でより活躍してくれることも期待できます。外国人だからといって差別したり区別したりする事はよくありませんが、それでもそれぞれの背景にある文化や仕事に対する考え方などをしっかり理解しないと、採用した後に問題が起こってしまうことがあります。お互いに理解し合い、その差を埋めることが、雇用する側にとっても働く外国人にとってもより良い状況を生み出すことになるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *