外国人を採用する際の決め手

日本では少子高齢化が進展しており、労働力として若年者が不足しています。

しかし、東南アジアやミャンマーなど能力が高く日本語も理解できる優秀な人材はたくさんいます。外国人雇用枠なども課せられている日本企業にとっては、優秀な外国人スタッフを採用することが喫緊の課題です。外国人だけに言えることではないですが、学歴が良く賢いと思えるような人でも人間関係が不得手な人もたくさんいることを理解しなければなりません。

採用試験の際には、事前に学んだ面接対応でうまく対応することができる人が多く、実際に働き始めますと、自我が強く組織になじめない人も多いのです。生まれ育った環境や宗教などが日本人とは異なるので、仕方ないことなのかもしれませんが、採用した外国人は日本に慣れることが大切です。もちろん、日本人の上司に当たる人は、外国人だからと差別などをすることなく、優秀であれば日本人よりも好待遇にするべきです。人種によって身体ともに異なる部分はあります。それは仕方ないことです。

純粋に自社の仕事で実績を出せるか否かを判断すべきです。日本人が決して正しいのではなく、外人だからこそ核心をついた発言を導くこともできるのです。そのためには、働きやすい環境を与えてあげることが必要です。採用の際には、履歴書や職務経歴書などの定型的なもので採用の判断をするべきではなく、人柄を理解するようにすべきです。優秀な企業の担当者ならば、少し話せば会社への貢献度がわかるはずです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *