外国人受け入れ管理者はどんな仕事をするのか

近年、就労目的で海外から日本を訪れる人の数が増加していることに伴い、外国人の雇用に積極的な企業では受け入れ管理者という専門の職種を設けるのがスタンダードになりつつあります。

受け入れ管理者は、不法就労や職場でのトラブルを未然に防いだり、慣れない環境で生活することへの不安などについて相談に乗ったりするのが主な仕事です。外国人が日本で働く場合は、すでに永住資格を持っている人などの一部の例外を除いて就労ビザが必要となります。このビザは教育・介護・芸能など実際に就労できる職種ごとに細かく分類されており、それぞれ該当する仕事に就く場合しか有効とはなりません。

受け入れ管理者が行うべき仕事の第一は、雇い入れようとする者が正規のビザを持っているかどうかを確認することです。新たにビザの申請を行うことも、外国人の受け入れ管理者の仕事の1つです。外国人留学生が学校を卒業してそのまま日本で就職する時は、就学ビザから就労ビザへの変更を申請する必要があります。

転職して今まで働いていたのとは別の職種で働こうとする場合も、事情は同じです。雇い入れた外国人に教育訓練を施す役目も、受け入れ管理者が担当することがあります。職場での研修はもちろんのこと、日本語の習得を目的として外部の研修に参加する場合も、受講先をあっせんしたり、受講に必要な手続きをサポートしたりします。税金や社会保険制度などに関する説明なども、教育訓練の一環として行います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *