外国人受け入れ管理者の役割

近年、外国人の雇用を積極的に行っている企業が増加傾向にあり、人材不足に悩まされている日本を支える要ともなっています。

しかし、外国人を雇用するというのは日本人を雇用するのとは異なりますので、その違いを理解しておかなくてはならず、受け入れ管理者の働きというのが重要となります。外国人の受け入れ管理者はまず在留ビザなどの確認を確実に行わなくてはなりませんので、在留ビザなどの知識も必要となります。

ビザが切れている状態で雇用を続けていると、雇用主も不法労働を手助けしたとして罰則を受けることになる可能性もありますので、受け入れ管理者は雇用する前に期日の確認と定期的なチェックを怠らないようにする必要性があります。また、受け入れただけではなく、日本で気持ちよく働けるためのサポートもしていかなくてはなりません。言葉の壁、文化の壁を感じながらも、誰にも相談することができずに辞めてしまい、母国に帰っていくというような人も多いため、外国人受け入れ管理者は文化の違いについてなどもしっかりと説明をしたり、定期的に面談などにて話を聞くことも大切です。

また、外国人受け入れ管理者は受け入れる外国の方のサポートだけではなく、企業で働く日本人のサポートも怠ってはいけません。なぜ外国から労働者を受け入れることになったのか、またどのようなサポートをしていくべきなのかを教えるということで、どのように接したら良いのかわからないという日本人側からの壁も取り除くことができ、快適に働ける環境を整えることが出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *