外国人の受け入れ管理者が注意すべき内容

日本では労働人口が減少傾向にあり、業務の多様化で自宅にいながら仕事ができるフリーランスで収入を得ている人が増加したこともあって、現場に出て働いてくれる人材を確保するのが難しくなっています。

これはサービス業では特に顕著になっていて、外食産業では客がいるのに働いてくれる人が足りないという理由で店舗を閉鎖したり、営業時間を縮小するところが多くなっているというのが実情です。この人手不足の打開策で行われているのは外国人の雇用であり、外国では地域によって働きたくても仕事が無いと日本とは反対の状況にあり、労働力不足を外国人で補おうとする流れがあります。

しかし、この場合には受け入れ管理者が日本の慣習や風土に馴染める人材を選らばなければ、同僚になる日本人との間でトラブルの発展してしまう可能性があるでしょう。外国ではその国では当たり前であっても、日本の中では相応しくない事例が多く存在しています。日本人は業務であれば決められた時間に従って行動しますが、外国では時間を守るという概念が弱い部分があります。

また、生活の流れや宗教を信仰していればそれを仕事中でも実行する場合があり、それを注意しても理解できない人もいるため、受け入れ管理者はとれだけ日本の風習を守ってくれるのか、その考え方を判断しなければいけません。外国人はこれからも多くの現場で見かける機会が増えますが、受け入れ管理者が人選を間違うと業務に支障が生じてしまうのは間違いありません。誰でもいいから受け入れるのではなく、日本を理解する努力を行い、仲良くなりたいというポジティブな考え方をする人を選ぶべきだと言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *