外国人の受け入れ管理者は柔軟な態度も必要

外国人が日本の企業で働いたり、現場で働くということは良くあります。

ですが仕事は経験で徐々に覚えてもらうことができても、生活習慣の違いや価値観の違いというのはなかなか分かってもらえないこともありますし、理解してもらえないようなこともあるでしょう。ですから外国人労働者ならではの悩みに答えることができる、受け入れ管理者という人を置くと良いです。何か問題や困ったことがあった時、この受け入れ管理者に相談すれば良いというような流れを作っておくようにすれば、同じ現場で働く側からしても心身ともに安心できるでしょう。

ですが、外国人の受け入れ管理者になるにはその人自身が外国人労働者について理解しなければいけないということもあります。そうでないと外国人労働者も相談しにくく、結局そうした人がいるだけ、という存在になってしまいます。また、相手を理解しようという気持ちも大事です。

違う国の言葉や生活習慣というのはすぐに理解できるものではないですが、それでも一生懸命理解しようという気持ちがあって接するのと、そうでないのとでは相手からの態度も異なってきます。分かり合おうとする気持ちも心得ながら、日本のルールというのも教えていくようにしましょう。せっかく人出は足りているのにスムーズに作業が進まないのが、こうしたコミュニケーションにあるのであれば勿体なくもあります。ですから努力をしてうまくいくようにすることも大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *