外国人を採用する前に受け入れ管理者の資格を

外国人を採用する時には、受け入れ管理者が企業側にいることでトラブルを防ぐことが出来ます。

外国人受け入れ管理者の資格はまず外国の人を雇用する際の法規を学んだり、入国管理の法律についても学びます。なぜこれらを学ばなければならないのかと言えば、雇用時にビザを適切に取得しているかどうかをチェックしたり、受け入れの際の法律をクリアしているか外国人受け入れ管理者が調べる必要があるからです。法規の問題や労働問題などを熟知していれば、企業側もトラブルなく雇用を継続できますから、従業員の中で最低1人はこの資格を取得させるのが大切です。

試験対策は難関資格までは行かないですが、それなりの難易度が有りますから勉強をせずに取得することは困難です。問題の出題傾向を学んでいったり、定期的に開かれている講習に参加することで合格率も格段と高まっていきますから、社員にこの資格を取らせる予定がある企業の方は、できる限りの対策を行なうようにしましょう。

テキストなども市販されているので、必ずしも講習に行かなければならないわけではないのですが、テキストと講習を組み合わせるとより確実に記憶を定着させられます。これからどんどん外国の人を労働者として受け入れるのが国の指針になっていますから、現在受け入れを進めている介護やサービスに建設業界以外でも、外国人受け入れ管理者の資格を持った人が必要になることが出てきますから早めに取得をしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *