外国人労働者のトラブル解決法の例とは?

少子化社会を背景として、ここ数年の間に一段と増えたのが外国人労働者の雇用です。

街を歩けば今や観光客だけでなくたくさんの外国人が日本人と一緒に働いている姿を見ることが出来ます。しかし、外国人労働者を雇用することで職場にトラブルが起こることも少なくはありません。中でも相手に気持ちが上手く伝わらないことが原因で職場の雰囲気が悪くなったという話はたくさん聞かれます。例えばみんなが必死に残業をしているのに、外国人労働者だけは当たり前のように定時で帰ってしまう、などということです。

それから、日本人は言葉では伝えなくても周りの空気を読んで行動するという習慣がありますが、その空気を読めないためにひとりだけ違った態度を取って周りの顰蹙を買う、などといったことです。しかし、これは文化の違いである場合が多いというのが事実です。実際にきちんと職場の状況を説明することで残業に協力してくれる人はたくさんいますし、空気は読めずとも言葉で伝えることで大抵の場合理解してもらえるというのが実際のところです。

つまり職場のトラブルは、相手の文化を理解するということで避けられる場合が多いということではないでしょうか。もちろんそれ以外のトラブル例もありますが、少なくとも外国人労働者が孤立感を高めないように相手の文化を尊重することは非常に大切です。そこから社員全体の相互理解が始まり、雰囲気の良い職場作りに繋がることになるはずです。
外国労働者のトラブルのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *