外国人労働者に多いトラブルと解決法

日本では海外からの労働者を受け入れることを国が推進し助成金を出すなどのサポートを行っているので、外国人を採用する企業がたくさんあります。

しかし言葉や生活文化の違いなどから、外国人とトラブルが起こることが多々あります。その中で最も多いのは、連絡がとれなくなることです。採用する以前の面接の段階で連絡がとれなくなったり、採用後も来なくなってしまうなどの問題が起こります。そのようなことになればなかなか見つからないということが多いのですが、採用後の失踪を防ぐには劣悪な環境での労働を避け、コミュニケーションをしっかり取って会社や社員のことを理解してもらうようにするなどお互いの努力が大切です。

次に多いトラブルは、なかなか残業してもらうことができないという点です。海外では日本のようにがむしゃらに働くというよりは、自分の時間の方を大切にするという風習のある国の方が多いので、残業をすることに抵抗があるという外国人が多いからです。しかし残業手当をしっかりと支払うことで、外国人も残業をする可能性が高くなります。

また、外国人労働者とコミュニケーションをとるといってもなかなか取りにくいのが実際のところです。日本に働きに来る人は日本の勉強をしてきますが、いざ日本に来て話すと日本人のように話すことはなかなか難しいのです。お互いの言い分が通じなかったり、間違って理解されることは多々あります。そんなトラブルを防ぐためには、企業側も入ってくる労働者の国の文化や生活の様子について事前に知ることで妥協しあえることが出てきます。そのうえで、日本語を学べるレッスンや教材をあっせんすることも解決策の一つです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *