外国人労働者とのよくあるトラブルとはどういうものか

日本の会社も最近では国際化が進み、外国人労働者を雇う事が多くなってきました。

その一方で、トラブル文化の違いやトラブルもコミュニケーション不足などからトラブルが起きているというのも事実です。では具体的に外国人労働者との間で、どのようなトラブルが起きているのか見ていきましょう。まず失踪してしまうというケースです。面接日や面接の前に連絡が取れなくなったり、雇用しても昨日まで普通に働いていたのに、急にいなくなってしまうというケースが少なくありません。また残業をしてくれないというのもよくある事例の1つです。

仕事がまだ残っており、残業が必要な場合でも定時になると帰ってしまうという外国人は少なくありません。もちろん彼らも悪気があってやっている訳ではなく、残業という日本の文化への理解が足りないだけです。日本人であれば、その日の仕事は当日中に終わらせるという考え方がありますが、外国人の場合そういう考え方はあまりありません。むしろ残業をする国は世界的に見ても少なく、日本の会社の方が特殊であるという事を知っておく必要があります。

他にも雇用条件で訴えられたというケースもあります。仮に裁判になり、負けてしまうと場合によっては罰金だけでなく逮捕されてしまう事もあるので注意が必要です。そうならない為にも雇用契約書は念には念を入れて作成しておく必要があります。例えば契約書は日本語だけでなく、英語のものも用意して置いたり、日本語だけの場合は漢字が分からない場合もあるので、平仮名を振っておく等の配慮も必要です。このように外国人労働者との間でトラブルが起きるケースはありますが、問題は相手だけにある訳ではなく、会社側にも責任がある事も少なくありません。その為普段からしっかりとコミュニケーションを取り、誤解が生まれないようにし働きやすい労働環境を整えるという事も大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *