外国人労働者トラブルを回避するために

昨今の日本で貴重な労働力として注目されているのが、外国人労働者の存在です。

都心のコンビニエンスストアや飲食店などでは、外国人労働者が在籍していない店舗の方が少ないのではないでしょうか。しかしながら、日本以外の国で教育を受け価値観などを形成してきた外国人労働者と日本人従業員の間には、少なからずトラブルがつきものです。そんなトラブルにうろたえてしまうことのないように、事前に心構えをしておきましょう。私達日本人が、10年以上かけて身につけてきた教養や価値観があるように、当然ながら他国には他国の常識があります。

また無宗教国家の日本と違い、宗教が根強く根づいている国家も少なくありません。その点を根底として事前に理解しておくだけで、避けることができるトラブルもたくさんあります。例えば、宗教的に断食をしなければならない期間がある国家があるのをあなたはご存知でしょうか。そのような際に業務上飲食が必要な仕事がある場合は、特別に配慮しなければいけません。

また、アルバイトやパートタイム勤務の外国人労働者であれば、複数の仕事をしている可能性も多いにあります。日本人は特に勤勉な国民性で有名であまりないのですが、複数の仕事を抱えている外国人労働者の場合、どちらかの業務に支障をきたさない保証はありません。こちらも事前にしっかり確認し、優先順位をはっきりさせてから働いてもらう方が双方にとっても不都合がありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *