外国人労働者が起こすトラブル

企業側が外国人を労働者で雇う場合、様々なトラブルが起こります。

まず、一つ目はビザの問題です。日本で働く場合は就労ビザがなければ働くことが出来ません。仮に企業側が就労ビザを持っていない人を雇った場合、不正就労として罰せられます。しかし、就労ビザでなく観光ビザであるのに日本で働こうとする外国人がいるのも事実です。特にアジア系に多いですので、企業側は持っているビザを必ず確認しないといけません。そして、日本と外国とでは当然文化が違いますので、必ず文化の壁に当たります。

言われたに返事をしないとか仕事でミスしても謝罪しないとか、様々あります。三つめが言葉の壁です。日本語がわかれば問題がありませんが、わからない場合は業務に支障をきたしますし、何よりコミュニケーションが取れません。このように、外国人を労働者として雇う場合は企業側にとってメリットが多いですが、逆に外国人労働者側から見てもトラブルになることがあります。

一つ目が、最初に提示された仕事とかなりかけはなれていることです。昨今の外国人技能研修制度で問題になりましたが、最初に言われた仕事と全く違うことをやらされて、話が違っていることです。そして、日本人労働者より給料が安くこき使われている点です。東南アジア系の人であれば、日本人の給料より安く設定して日本人と同じ仕事をさせて企業側が給料の削減をしていることです。このように、双方にトラブルが当たり前のように起こっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *