外国人労働者のトラブルは日本側にも責任がある

最近よく耳にするものに外国人労働者の様々なトラブルがあります。

多くの外国人は日本で働く際に技術研修制度を利用していることも多く、ビザの問題から特定の職業にしか就くことができない決まりとなっていますが、本来の目的とは異なる仕事に就いていることも多く、これが発覚すると入国管理法違反となってしまい強制国外退去などの処分になってしまうことが多くなっています。

本来の就労ビザの目的とは異なる業種で働いている外国人に問題があると考えられているのですが、そのトラブルの原因となっている理由には日本の企業の労働者に対する不当な扱いが原因となっていることも少なくありません。技術研修制度を利用して外国人労働者を受け入れる企業には国から補助金がもらえる仕組みとなっています。そのためこの補助金目当てに積極的に採用する会社も多いのですが、中にはこの外国人を非常に安い賃金で働かせたり、技術を教えずに単純な労働力として利用するなど劣悪な環境で勤務をさせることがあります。

このトラブルにより逃げ出し、他のところで不法就労を行うケースも非常に増えているのです。このようなトラブルを未然に防ぐためには受け入れ先の会社の審査を厳しくするとともに、定期的に労働状況をこまめに観察するなどの対応が必要となる場合が少なくありません。実際には日本に来る口実で技術研修制度を利用する人もいますが、それと同時に注意しなければならないのが日本側の企業の考え方となっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *