外国人労働者とトラブルが起きた際の話し合い

今や多くの会社にとって外国人労働者は必要不可欠な存在であり、人手不足の解消だけでなく新たな人材の育成にも繋がっていきます。

しかしその一方で、文化や考え方の違いによって会社と衝突してしまうケースも少なくありません。同じ日本人であれば、話し合いの場を設けてスムーズに解決できるトラブルも、外国人労働者の場合は非常に難しい問題になることも多いです。もちろん会社にとっても、そういったリスクは想定した上で雇用しているので、問題を解決するためのマニュアルなどを用意しています。

外国人労働者とトラブルが発生すれば、まず最初は話し合いからスタートすることになるでしょう。よっぽど重大な問題であれば別ですが、そうでなければじっくりと話し合って問題解決の糸口を見つけることになります。ただ、よほど日本語に堪能な外国人労働者でなければ、直接的にコミュニケーションを取ることは難しいです。

必ずしも会話だけにこだわらず、例えば資料などを作成して説明をしたり、第三者を間に挟みながらトラブル解決を目指すことも1つの方法です。最終的に話し合いで外国人労働者とのトラブルが解決できれば、今後そのような事態が起きないためにはどうすればいいのか、マニュアルに組み込むことも検討しながら考えていくのが望ましいです。問題が起きてしまうのは仕方がなく100%避けることはできないので、同じトラブルを何度も発生しないよう努めていくことが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *