雨漏り修理は火災保険で無料できる可能性も

台風や夏季の集中豪雨の後に雨漏りを見つけてショックを受けたということは多くの人が体験しているのではないでしょうか。雨漏りは放っておくと、家財や電化製品、家の構造部分などに甚大な影響が出てしまうため、見つけたらすぐに修理する必要があります。しかし、雨漏り修理にかかる費用は安いものではありません。屋根全体の修理となると、100万円を超えることも珍しくないため、雨漏り修理をためらってしまう人も多いようです。

そんな時には、火災保険が利用できる可能性について考えてみましょう。火災保険はその名称から、火災の時にしか使えないイメージがありますが、風災、雪災、ひょう災など、幅広い自然災害に対応している保険です。雨漏り自体が補償の対象となるわけではありませんが、突風によって屋根瓦が吹き飛ばされてしまったり、飛来物によって外壁が傷ついたことなどが原因で雨漏りとなった場合には、補償の対象となります。雪の重みで雨樋が壊れてしまった場合なども同様です。

保険金がおりれば、雨漏り修理にかかる費用を実質無料にすることができます。雨漏り修理の費用が高額なことで修理をためらっている人は、火災保険の利用について検討してみましょう。建物の老朽化が雨漏りの原因の場合は補償の対象とはなりませんが、素人が雨漏りの原因を判断することはできないので、雨漏りを見つけたら、まずは専門業者に調査を依頼して、原因を特定してもらうのがおすすめです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*