雨漏りの原因となる箇所と雨漏り修理について

雨漏りの原因となるところは種々あり、箇所によって雨漏りの修理法も違ってきます。ここでは、雨漏り起こしやすい箇所と雨漏り修理の内容について紹介します。家の雨漏りは屋根の瓦やストレート、棟板金、漆喰、谷樋、その他ベランダなどの破損や劣化が原因となっています。家で一番雨漏りをするところは家の屋根です。

強風で飛来物が屋根の瓦やストレートにぶつかるとヒビが入ることがあります。このヒビが雨漏りの原因となります。このケースの雨漏り修理は瓦ストレートを新しいものに交換して、コーキングを行う作業をします。費用はそれほど高いものではありません。

棟板金が浮いたり、経年劣化している場合には棟板金とヌキ材を交換します。作業には足場を組むことになり、日程は2日間ほどを要します。漆喰材は屋根材よりも劣化しやすいため、雨漏りの原因になることが多いです。古い漆喰を除去して、漆喰の塗り直しを行います。

漆喰塗りは職人さんが作業をすることになるので、費用は多少高額です。谷樋は、水を排水する役割を担っています。このため腐食を起こしやすくなります。谷樋に穴が開いている場合は、新品に交換する必要があります。

交換の作業は、屋根の瓦やストレートを一部分外して行うことになります。ですが、作業は半日から長くてもその日のうちに完了します。谷樋は水を排水する役割を担っています。このため腐食を起こしやすくなります。

に穴が開いているのなら、新品に交換することになります。交換の作業は、屋根の瓦やストレートを一部分外して行うことになります。ですが、作業は半日から長くてもその日のうちに完了します。ベランダも案外雨漏りの原因となっています。

ベランダの亀裂から水が侵入し雨漏りを起こすわけです。雨漏り修理では、亀裂のある箇所に防水コーキングを施します。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*