雨漏り修理には火災保険を適用する

雨漏り修理には意外とお金が掛かりますが、火災保険には雨漏り修理をカバーできるものもあります。火災保険は火事による損害だけではなく、落雷や風災、雪災、水災、爆発、盗難などを幅広くカバーしているものが一般的です。中でも風災とは、台風や竜巻などにより瓦や屋根が吹き飛んだり、強風により窓が割れてしまったり、飛来物によって出た損害などが該当します。雨漏りの原因には、瓦や外壁、窓周辺部のひび割れ、あるいは雨樋の詰まりなどが挙げられ、それらの原因はこうした風災によって発生した損害である事が多いため、火災保険でカバーする事ができます。

ただし、こうした風災による雨漏りの全部が火災保険でカバーされるわけではなく、強風での損害で、補修費用が概ね20万円以上であり、かつ損害が発生してから3年以内に保険申請をして認められるケースが多いです。もちろん、保険会社によって火災保険の適用要件が若干異なるので保険内容の確認は必要です。なお、雨漏り修理は高額になりやすいため20万円以上の費用が掛かる場合が多いですし、雨漏りを3年も放置する事はまずありえませんので、火災保険を申請して認められないケースは多くありません。また、日曜大工が得意な人が雨漏り修理を自分で行う場合もありますが、こうした修理を一般の人が行うとかえって損害を悪化させる原因にもなり、住宅の寿命を縮めてしまいますので推奨できません。

火災保険を利用して出費を抑え、専門の業者にきちんと補修工事をしてもらうようにしましょう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*