屋根雨漏りの発生原因と保険の利用について

老朽化した家屋だけでなく、比較的新しい住宅の場合でも屋根雨漏りの発生が見られます。その原因はさまざまですが、古い住宅の場合は屋根の破損が直接的な原因である場合が多く、屋根の異常が見られない場合には、施工不良が大きな要因となっているケースもあります。屋根雨漏りに関しては、場所の特定や原因の確定が難しい場合もありますので、必ず専門の業者に依頼してチェックしてもらうことが重要です。もちろん屋根に原因があるだけでなく、窓枠のパッキンの劣化であったり、雨樋のつまりであったり、ベランダの防水処理の不備であったりする場合もあります。

いずれにしても屋根雨漏りを放置した状態では、雨のたびに住宅内が濡れてしまうという不便さだけでなく、建物の躯体そのものが歪んだり腐ったりするという大きな問題へと発展する可能性が高いものです。最近は太陽光発電システムを導入するにあたって、屋根にパネルを設置するための工事によって雨漏りが発生するというケースも聞かれるようになりました。施工業者は熟練の技術をもった信頼性のあるところを選ぶことが重要となります。なお、台風や集中豪雨などの自然災害によって屋根が破損したことが明確で、それを証明できる場合には火災保険の申請ができ、保険金を受け取れる可能性があります。

申請に必要な罹災証明書や保険金申請書などは、加入している保険会社に連絡をして送付してもらいましょう。契約内容によっては修理費をまかなえる場合もあります。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*