凍結法による不断水工法

凍結法による不断水工法とは、工事を行いたい部分だけに限定した小規模な工事を行うことで、それ以外の部分では断水を起こさずに進めることのできる工法です。誤解してはいけないのは、工事部分では通水がストップしますので、それよりも下流側では断水が起こるということです。例えば大規模な工場や商業施設などで、一部分だけの水道工事を行いたいという場合があるでしょう。商業施設であれば、一つのテナントだけの水道工事を行いたいが、他のフロアや同じフロアの他のテナントには断水を起こしたくないといったケースです。

こういう場合には凍結法による不断水工法が威力を発揮します。要は、工事を行いたい部分のすぐ上流側と、それに加えて必要であればすぐ下流側の水道管も冷却材で冷やし、中の水を凍らせてしまいます。凍った氷は止水弁の役割を果たしますので、その間では安心して水道工事ができるというわけです。工事後には水道管を温めれば氷は解け、元通りに水が流れます。

つまりは即席の止水弁を氷により作製しようというコンセプトです。ですから、この即席の止水弁に代わる本来の止水弁が元々設置されている場合にはわざわざこのような凍結法による不断水工法を採用する必要はありません。単にその止水弁を閉じて工事を行えば目的を果たすことができます。この工法は、そのような適切な部分に止水弁が設置されていない箇所で水道工事を行いたいという場合に最も力を発揮するものと言えます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*