水道の不断水工法について

水道の不断水工法とは、主に既存の水道本管から枝分かれした分岐管を新規に設けたいという場合に行われる工事方法で、本管の通水を止めることなく分岐管を新設できる方法です。一般に、水道管にはある程度の間隔でバルブが設けられていて、必要に応じてそのバルブを閉め、その先への通水を止めた上で工事ができるようになっています。もちろん現場から下流側のバルブも逆流防止のために閉められるのが普通ですし、分岐管を設ける場合には常に分岐直後の位置にバルブを設け、断水の影響範囲を最小限に留めるように施工するのが常識です。ですが、本管から枝分かれした分岐管を新設したいという場合、既存のバルブを閉めることで工事を進めようと思えば、当然ながら直近の上流側本管のバルブを閉めるしか方法がありません。

となると、そのバルブよりも下流側にある全ての通水はそこで止まってしまいます。この悩みを何とかして解決しようと考え出されたのが不断水工法です。そんな工法があり得るのかと思われるかもしれませんが、そこは頭の使いどころです。専用の特殊な器具、用具を使い、本管の水圧によって水が吹き出すようなことなく本管を穿孔する方法が確立されており、不断水工法のメインとなっています。

水圧に耐えるバルブを持った専用の穿孔機があり、それを用いて本管に分岐管接続用の穴を開けるわけです。分岐管の配管を終了すれば穿孔機を除去し、そのバルブを開ければ分岐管への通水が開始されます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*