不断水工法の手順とは

不断水工法の手順は、本管に分岐管を取り付けるところから始まります。もちろん本管にはまだ分岐管に通じる穴は開いていませんから、この時点では単に形だけであり、水は流れてはきません。しかし、この後に水が流れて水圧がかかったとしても継手部分から漏水を起こすことがないようにしっかりと取り付ける必要があります。取り付けを確かめるために逆に水を注入して圧力をかけ、継手部分からの漏水がないかチェックも行われます。

不断水工法のポイントの一つとして、取り付ける分岐管の根元部分、本管から少し離れたところには必要に応じて水を止めることのできるバルブの付いた管を用います。この理由は後で分かります。続いて、取り付けた分岐管の開口部分から管径にちょうどぴったり収まる形状の専用の穿孔器具を差し込んでいきます。これを差し込んで本管の壁に穴を開けようとする作戦なわけです。

ですから、継手部分が水圧に耐えられる構造にすることが必要であると同時に、穿孔作業後に穿孔器具の周辺から水があふれだしてきても困ります。この不断水工法では、水圧に耐えられるくらいにぴったりと分岐管の管径に合わせて作られた穿孔器具を用いることもポイントです。なお、穿孔では当然ながら本管外壁が切屑となって発生します。これがそのまま本管を流れていったりしては困りますから、器具の先端形状を工夫して切屑は内部に回収するように作られています。

穿孔終了後は器具をバルブよりも少し手前まで引き出し、バルブを閉めてから器具を抜き取ります。後は必要なだけ分岐管を延ばし、バルブを開けば水が流れてくることになります。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*