マンション雨漏りの注意点

マンションで雨漏りが起こった場合、どう対処したらいいかわからない人も多いかもしれませんが雨漏りを修繕するためには、原因を突き止める必要があります。万が一間違った修理をしてしまうと、雨漏りが悪化してしまう可能性もありますから、マンション雨漏りの修理経験が豊富な業者に依頼することが大切です。雨漏りは、建築物の中へと雨が浸入することをいい、施工不良や屋根材などの劣化によって屋根などから雨漏りをおこします。建物の中に雨が浸入してしまうと、耐久性も低くなってしまうため、できるだけ早く対策をとる必要があります。

マンション雨漏りの原因のほとんどは、老朽化で、外壁のひび割れ部分や窓の隙間などから雨が入り込むことで雨漏りが起こります。通常、施工などに問題がなければ、10年程度は雨漏りは発生しませんが、10年を超えると徐々に防水機能も低下していきますから、10年を目処に外壁や屋根の塗り替えを行う必要があります。マンションの場合、定期補修や点検を行って安全性や耐久性を維持しています。通常マンションの場合、10~12年程度を目安に屋根や外壁の塗り替えを行いますが、その間に外壁塗装がはがれていたり、サッシに隙間ができている。

バルコニーにカビが生えているような場合は、雨漏りの兆候といえますから、常にチェックしておくことが大事です。マンション雨漏りが発生した場合には、管理人や管理会社に連絡し、間違っても勝手に自分で修理しないようにしましょう。名古屋の詰まりと漏れのことならこちら

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*