意外と手間の掛るマンション雨漏りの補修

折角購入したマンションで雨漏りが発生したら嫌なものです。早速修理をして不安なく暮らしたい、と多くの人が対応を始めると思いますが、一戸建と違いマンションは集合住宅ですから、補修一つをとっても個人の自由にならないところがあります。一般に専有部分、つまり玄関とバルコニーから内側に故障等の原因がある場合はその部屋の所有者に、共用部分に故障等の原因がある場合は管理組合にその補修費等の負担義務があるとされています。逆に言えば共用部分に問題があった場合は、個人で勝手に補修してはならない、ということになります。

マンション雨漏りの場合はどうでしょう。雨水の浸入は外部から、それも上階のどこかから、というのが一番多いパターンになります。また、マンション雨漏りの場合、水が建物内に入り込むのは圧倒的にジョイント部分が多いため、最上階の屋根を筆頭に、上階のバルコニーや外廊下での雨漏りの発生も多く見受けられます。バルコニーは共用部分ですから、当然、その際の補修は管理組合の負担になります。

ところが、バルコニー等の補修は厄介な部分があります。というのも、雨漏りの原因があるだろう部屋を通過しないと該当バルコニーに到達できない、つまり別の部屋の方と都合を合わせて協力しないと、原因の究明すらままならないということになります。マンション雨漏りの原因究明は、雨の日、若しくは多量の水道水を使って水を掛けなければできません。その上、コンクリート内にできた水の通り道というのは複雑に入り組んでいるため、一度の補修では完全に直らない事も多く、原因箇所を確定できないケースも珍しくありません。

働き方やライフスタイルが様々になった現代では、上階の方と都合を合わせるのでさえ一苦労です。その上、雨漏りの補修には時間が掛ります。できれば雨漏りの可能性が高い角部屋や最上階は避け、ストレスを感じずに済むマンションライフを送りたいところです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*