マンション雨漏りしたときの対処法

一戸建ての場合は屋根が劣化すると雨漏りを起こすことがありますが、マンションの場合は雨漏りとは無縁だと考えがちです。しかし実際にはマンション雨漏りをすることは多く、それは最上階以外の階層に住んでいても起こることがあります。最上階の場合は、屋上が共有スペースになっていることも多いですし、紫外線があたる部分で雨水がたまりやすいので、雨漏りをする可能性が高くなります。最上階以外の住んでいた場合でも、雨樋がしっかり機能しなかった場合は、本来水の流れる場所ではない部分に水が流れたりたまったりすることによって、マンション雨漏りを引き起こすことがあります。

マンション雨漏りが起こった場合の対処方法として、マンションの管理会社に問い合わせをします。雨漏りは経年劣化によって起こることが多いので、マンションの管理会社が調査をして補修をすることは一般的です。マンションによっては、住人が修繕を行って、その費用を後からマンションの請求することもできますが、契約によってはトラブルになりかねないので、まずは管理会社に連絡をすることが大事です。マンション雨漏りは、台風などの自然災害が原因になることもありますが、ほとんどの場合は長年の紫外線があたったことによる経年劣化によって引き起こされます。

管理会社はマンションを定期的に状態を確認して、適宜メンテナンスをする義務を負っていますから、雨漏りによってクロスが汚れた場合などの補償を求めることができます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*