マンション雨漏りの対処方法とは?

マンション雨漏りが起こる原因のほとんどは、マンションの老朽化が理由です。建物は年月が経てば立つほど老朽化していきます。例えば外壁にひびが入ったり、ずれたり、窓の隙間から雨水が入ってきたりして雨漏りになったりします。これを直すことなく放置しているとマンションの耐久性にも影響が出てきてしまいます。

ではマンション雨漏りの対処方法はどうすればよいのかというと、まず雨漏りを発見したら管理人か管理会社に連絡する必要があります。賃貸マンションだと個人で勝手に修理することはできないので、管理会社に電話をして雨漏り調査をしてもらうことになります。そして雨漏りの修理をする事になるのですが、修理方法はどのようなものがあるのかというと、マンションの屋根の老朽化によって雨漏りをしている場合は、塗装を新しく塗り替えたり、ひび割れをしている場合はその箇所を直したりして修繕を行っていきます。とくにひび割れは雨が入ってくる大きな原因になりやすいのでしっかりとふさぐ必要があります。

マンション雨漏りを防ぐには何といっても防水工事を行う事が大切です。アクリルやウレタン、シリコンやフッ素系の防水塗料を使用して、万書hンの特に雨の通り道であるベランダなどはしっかりと防水工事をすると良いです。これら防水塗料の耐用年数は約10~15年程なので、定期的に塗り替えを行ったりメンテナンスをしていけばマンション雨漏りを防ぐ事が出来ます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*