マンション雨漏りした時の原因と対処法

マンションなどの建築物は外部から雨が入らないように設計されていますが、屋根材の劣化などが原因で屋根から雨漏りするケースがあります。屋根の不具合を修理しても雨漏りが続く場合は、屋根以外にも様々な箇所に雨漏りの原因がある場合があるとされていて、外壁や様々な設備が老朽化することにより、雨水がしみ込んで、比較的新しい建物であっても、マンション雨漏りが起こりやすいと言われています。マンション雨漏りは施工や設計に問題がない場合は、10年目まで雨漏りが発生しないと言われていて、コンクリート建物は寿命が長いと言われていますが、屋根や外壁に使用されている塗装や素材によって、雨漏りが発生する時期も異なり、施工や設計に問題があると新築マンションでも雨漏りが発生しやすくなります。マンション雨漏りに気づいても、仕事などで忙しいからと放置したままにすると、様々な箇所に雨水が浸み込んで、老朽化が進んでしまうので、雨漏りに気づいた時はすぐに管理会社や管理人に連絡することで、対処してもらうことが可能です。

また、賃貸マンションに入居している場合は、管理人から部屋を借りている状態なので、雨漏りを勝手に自分で修理してしまうとトラブルの原因になる可能性があるので、管理会社や管理人に連絡することで、雨漏りの調査を行ってもらうことができます。ただ、マンション雨漏りの修繕工事は、足場が必要になるほど大がかりなので、費用が高くなりますが、足場なしで修理を依頼すると費用を抑えることができる場合もあります。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*