マンション雨漏りや水漏れの原因やその注意点

マンション雨漏り自体は、屋上の下に住んでいる方なら起こることも多いですが、上の階に人が暮らしている場合は水漏れの方が多くあります。ただマンション雨漏りでも水漏れでも、建物自体の老朽化を原因とすることも多く、例えば屋上の防水が素材が劣化したことでひび割れや穴が生じそのすき間を通って漏水するのが一般的です。他にも上階の方が排水溝を詰まらせ、それによって風呂場の排水の水が行き場を失い溢れてしまい部屋に浸水し、それによって階下に漏水するというケースもあります。これは上階の方が排水溝の掃除を怠ったことにより、部屋は基本的に防水工事をしていないため、そのまま階下に流れ落ちる形になります。

さらに配管のジョイント部分が劣化したことで、すき間や穴が空いてしまい漏水するということも多くなります。マンションなどでも階下に水漏れがしない様に風呂場などには、防水工事を施すことが一般的です。ただ防水工事の寿命は場所に寄りますが、10年から15年で寿命となるケースが多く、それ以降は防水が効かないことも生じます。以上が水漏れの主な原因ですが、マンション雨漏りのケースでは、屋上部分の防水工事が老朽化で利かなくなった点があるので、早急に防水工事を施して対処します。

屋上での工事であるため、それほど厄介なものではないです。ただ配管のジョイント部分からの水漏れが起こったケースでは、水漏れが起きている場所を突き止める必要があります。水は高い所から低い所に流れる性質がありますが、水漏れが起きている箇所は現在の部屋の漏水個所と離れた位置にある場合も厄介なケースも見られます。そのため、突き止めるまでに時間がかかったり、壁を削ったりしなければならず、大変な作業となる場合もあります。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*