マンション雨漏りが発生した場合~まずは一報を

戸建と違いマンション雨漏りが発生した場合は、適切な対処が必要です。独断で行動を起こすと、それが後々トラブルの発生につながることもあります。まず実際に雨漏り被害が発生した場合ですが、階下や周辺部屋にその被害が及ばないように尽力します。バケツで水滴を受け止めるなどがその対応で、その後には購入しているマンションであれば管理会社に、賃貸マンションの場合は貸主に連絡を入れます。

マンション雨漏りで気をつけたいのは、戸建とは異なり、勝手に修理の依頼などを行うのは避けた方が良いと言う点です。特に賃貸マンションの場合は、あくまでもそのマンションと言うのは借り物です。よって借りている物を、借りている人間が、貸している人間に許可を得ず手を加えてしまうとトラブルのもとになることも、じゅうぶんに考えられることだからです。管理会社、貸主に連絡を入れると、その後の対応に対しての言葉があるので、行動を起こすのはそれを待ってからの方が良いです。

ではマンション雨漏りの場合の損害補償は、どうなるのかと言った点についてです。まず賃貸の場合ですが、これに関しては貸主は、普通に住むことができる居住空間を貸さなければならない義務が課せられています。そのためその修繕義務も貸主に課せられます。よって借主が補償に対して支払う必要はないとされています。

ただし借主の故意、通常生活に支障がない範囲においては、この対象外になる場合が多いです。次に購入したマンションの場合です。これは個別に判断が分かれることが多いのですが、たとえば屋上やエントランスなどの、マンション内の共用部分が原因で雨漏りが発生した場合は、管理組合が補償を担うことが多いようです。逆に個別の部屋のどこか、その劣化が原因で発生した雨漏り被害に対しては、そこに住んでいる人に補償が求められやすいです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*