外国人の受け入れ管理者が注意すべき内容

日本では労働人口が減少傾向にあり、業務の多様化で自宅にいながら仕事ができるフリーランスで収入を得ている人が増加したこともあって、現場に出て働いてくれる人材を確保するのが難しくなっています。

外国人受け入れ管理者の役割

近年、外国人の雇用を積極的に行っている企業が増加傾向にあり、人材不足に悩まされている日本を支える要ともなっています。

外国人受け入れ管理者はどんな仕事をするのか

近年、就労目的で海外から日本を訪れる人の数が増加していることに伴い、外国人の雇用に積極的な企業では受け入れ管理者という専門の職種を設けるのがスタンダードになりつつあります。

外国人を採用する際に気をつけたいこと

近年では様々な業種で外国人を雇用する会社が増えてきており、一流の企業で活躍する人もいれば、工事現場や工場などの現場系の仕事をしている人もいますし、コンビニやレストランなどで接客業をしている人もいるなど、日常生活や仕事の上で外国人と関わる機会も増えてきています。