名古屋市水道センターで必要な資格

インフラとして重要視される設備は、たくさん存在しています。道路や鉄道・電気・ガスなどがあり、その中でもわれわれ人間が生きるうえで欠かせない資源を手に入れる水道は、大変重要度が高いものでしょう。最低でも一家に一つの蛇口があり、どこでも水を手に入れて飲める環境があるほどです。インフラの中でも最初に設置をされており、その工事に携わる方も大勢います。

愛知県の県庁所在地である名古屋市では、第三セクターというスタイルで水道センターがあります。公共事業を中心に担われている施設で、センターでは個人住宅だけでなく学校や会社・老人ホームなど、色んな施設で工事をなされているところです。名古屋に住んでいて、これから水道センターで働きたいという方もいらっしゃるでしょう。この施設で働くためには、ある資格を持っておくと有利に就職ができます。

その資格とは、配管敷設技能士・掘削技能士の2種類です。名古屋では特に都心部の配管取り替え作業が急ピッチで進められており、この二種類の資格を持つ方を優先的に採用されています。配管敷設技能士は水道管を設置するときの、位置・接続箇所の確認をする現場監督の役割を果たします。掘削技能士は地面を重機で掘るオペレーターであり、現場で重要な職務を担われるわけです。

工事を円滑に進めるのに必要な資格なので、どちらかひとつを取得してから採用試験と面接を受けると効率良く名古屋市水道センターで働けます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*