名古屋の水道センターで働く方法

水回り設備は、われわれ人間が快適に生活をするうえで欠かせない設備です。トイレなら一日10回以上は使用しており、限られた個数を多くの人で共有しないといけません。お風呂も体を洗うのに毎日利用しており、これらの設備で共通しているのが水を使うということです。水は水道局で管理をされており、中部地方の大都市である名古屋では水道センターという施設で管理をなされています。

ここでは毎年一回の契約というスタイルで従業員・職員を募集されています。名古屋のセンターで働く方法を、ここでは簡単に解説していきましょう。まず、名古屋市水道センターは市ではなく第三セクターというスタイルで運営をなされています。そのため、従業員は公務員ではなく、一般企業と同じ扱いとなるのも特徴です。

求人はハローワークと雑誌・インターネットのエージェントなどで出されるため、比較的見つけやすいでしょう。一年単位の契約制をとっており、既に働いている方であれば契約更新という形で続投出来る可能性もあります。新しくセンターで働きたいという場合は、ハローワークを頼るのが望ましいでしょう。定員人数の割り振りが大きく、紹介状があることで有利に採用がなされる条件も整います。

日給制となっている職場で、2020年度は約1、500円でした。20代から30代の方が多く働いており、現役世代にとって働き甲斐のある職場といえます。途中採用もなされることがあり、チェックをしましょう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*