主婦が働きやすい名古屋の水道センターの概要

インフラ整備が先進国の中でも断トツで普及している日本では、至る箇所に水を供給できる水栓が備わっています。道路や鉄道・公共施設も充実はしていますが、そのなかでも水回りの普及率が98パーセントとなっています。どこに行っても人間がいきるために必要な水を手に入れられるというわけです。中部地方を代表する大都市・名古屋では、第三セクターである名古屋水道センターがあります。

ここではインフラの整備から各家庭への配水作業を実施しており、たくさんのスタッフが連日業務を担っています。求人広告で名古屋水道センターの検針員を募集しているのを、一度は目にしたことはありませんか。20代から50代の女性という括りで募集をされており、時給980円で働くことが可能です。水道センターの検針員の概要を簡単に見てみると、市内計2、000か所の場所を調査するというお仕事です。

検針とは水のメーターをチェックする業務のことを指し、家庭から会社・医療機関などに赴いて伝票を発行するお仕事を言います。女性を採用している理由は、朝8時から昼12時までの短い業務時間で一種のパートタイマーだからです。主婦にとって働きやすい時間帯となっており、水道センターでは施設内に保育園も完備されています。制服・自転車またはバイクを貸与されるので、すぐに業務に就けるようになっています。

年契約となっているので、継続して働き続けることも可能な職場にもなっているのが特徴です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*